top of page
  • sho

【ボブ】と髪の綺麗を維持するためには

【オーダー】

できるだけセットが楽でセット剤やアイロンを使わなくてもまとまるように

髪のパサつきが気になる








【after】



少し段(レイヤー)が入ったボブ

襟足が短いので乾かす時、楽なのと収まりが良いようにカットしております。

アイロン等を使わなくてもOK最近お客様から【髪の綺麗を維持したい】というお話の話題になる事が多くなってきましたのでその事をお話ししてまいります。

髪の毛を染めると当然ながら、髪の毛は痛みます。それは髪の毛を脱色(ブリーチ)するからなんです。この脱色の回数が頻繁になればなるほど痛みは強くなっていきます。

特にやりたい髪型の明るさにもよるのですが、白髪染めと白髪染めではないカラーは白髪染めの方が傷みやすいケースが多いです。(この話をするとびっくりするお客様が多いです)

毎回毛先までカラーしていくと、

髪が傷む→傷むから色持ちが悪くなる、パサついてくる→気になるから毛先までカラーしたくなる→毛先までカラーする→更に傷むから髪の色持ちが悪くなる、パサつく。と言ったように負のスパイラルになっていきます。

このスパイラルから抜け出す事がめちゃめちゃ大事です。

そしてその答えも簡単で、シンプルに根元だけカラーする日を作るようにすればいいんです。

そうすれば、薬剤を毛先につけないので傷まないですし、パサつきにくくもなります。

イメージを変えたい時とか、あまりにも毛先が抜けていて気になる場合は毛先までカラーしてもいいのですが、それ以外の時は根元で我慢しましょう!そうすれば【髪の綺麗を維持できる】ようになれます!

文字数の限度がある為、ざっくりの説明になりましたが、よりもっと気になる事とかありましたら、いつでもご相談ください。一緒に解決できていければと思います!

○髪の毛が痛むのが嫌(通夜や水分がなくなってパサつく)




今回はやめれる方は

閲覧数:10回0件のコメント

Comments


bottom of page